AOKI's copy&paste archive

高専から駅弁大学から東工大へ 浅く広い趣味とかキャリアの日記を

DELL 2in1 開封式・簡単レビュー

はじめに

pytho.hatenablog.com

先日話していた通りのモニター商品について到着したので,早速開封式ということで紹介します.ちなみにこの記事もこの商品から書いております.

商品詳細

XPS 15 2-in-1

www.dell.com

開封

モニターの説明書と本体の梱包がマトリョーシカ

ぶっちゃけ使いまわしのモニター品で梱包も同様のようでここは”らしい”ところ

私のSpectreと比べるとこんな大きさで15型だけあって一回り大きい

打鍵感

早速の打鍵感としては慣れてなくて打ちづらいのが正直なところ.しかも英字キーボードに慣れてきたところもあったのでね.また沈み込みが少なく打ち込んだ感じがあまりない.これは好みが分かれそうなところ.まあこんなのはお店で試せばいいというところだが.一方DELLってオーダーメイドタイプのビジネスモデルなので,触れる機会も少なかったと思うが.また矢印が小さいのが個人的に厳しい.写真でもわかると思うが.またFnキーも使いづらい印象.こればかりは慣れか.といっても一か月後にはお返ししなければならないのだが.

大きさ・重さ

ただi7に代表される高性能の安定感と画面・キーピッチの大きさはやはり気持ちのいいものがある.大きい分重量も比例して重く,写真はわざわざ載せないがバッテリーの変圧器も一回り大きい.そのため日常的に持ち歩くのには厳しいという印象.これは同型の小型版の13とかを使うのがいいだろう.

質感・材質

材質は外側はどちらもアルミで大差はない.個人的には自分のSpectreに愛着もあるので,このメタリックでスタイリッシュなピンクが好きなんだが.2in1は一般的なアルミの灰色というか鉄色.内装が大きく違う.Spectreはアルミの切り出しが売りということで内部もアルミなんだが,2in1はセラミック的なやつ.シリコンのようなゴムのような不思議なもの.黒だけど指紋とかは映らないので悪くない.むしろこれからの時期,アルミボディは熱伝導が良すぎて凍えてしまわなくもないが,この熱伝導のいい意味で悪い材質ならこれからも快適かな.そうなると排熱が気にならなくもないが,元のスペックが違うのでうまく差別化されているのではないだろうか.

左が今回のモニターのDell 2in1,右が私物で対照としているHP Spectre x360 13

画面・色見・発光

ただの印象なのだが2in1の方が明るく鮮やかな印象がある.バッテリー給電でハイパフォーマンスになっているからだろうか.まあ個人的にあまり重要なところではない.

端子

Spectre:type-C:2, type-A3.1:1, SD, eyephone

2in1:type-C:4, type-A3.1:0(変換端子別途付属), SD, eyephone

やっぱAがないのはまだ厳しいかな

マウスがスタイリッシュでなくなってしまう.これでBluetoothマウスとか付属していたら神だったんだが.ちなみにどちらも専用のペン付き.まあ使う機会はあまりないのだが.

編集後記

僕の作った激重モンテカルロシミュレーションとかで後日ベンチマークの比較とかもできたらと思う.今日のところはこんなところで.