AOKI's copy&paste archive

高専から駅弁大学から東工大へ 浅く広い趣味とかキャリアの日記を

【募集】駅員バイト

思えば以下の記事が最初の記事だった.当初のブログを始めた経緯としては定期多売についてお客さんが素人すぎて情報共有の一端になればと思ったのがきっかけだった.結局PVは伸びずバズらないネット弱者を経験したのだが.そして一カ月くらいしてアウトプットを無性にやりたくなりかなりパーソナルなブログへと進化したのだった.今見返すと敬語で非常に丁寧な作りになっていて面白い.というか間違いがあるような気がして気が気でない.年も変わったので更新の必要性があるかもしれない.

pytho.hatenablog.com

裏話はこのくらいにして本題に移る.端的に言って求人だ.というかこの駅員のバイトが非常にお勧めという話.とはいえ前述と同様に対してバズる見込みもないが.

駅員のバイトというのは首都圏の鉄道各社が行っている.関西圏などは混雑が緩い上馴染みがなさすぎて実態は知らない.業務内容としては専ら朝のラッシュ対策だ.ホームに立ってドアの前に立ち乗り切れない人を押したり案内を行う.前者は駅の混雑度によるが体力的にそれなりに厳しい仕事となる.これらの一環でホームでのマイク案内もしばしば任される.一部の駅では夕方のラッシュも行われている.自分の知る限りではJR新宿・渋谷・池袋・渋谷で行われている.

またこのほかに上記のような券売機の案内を行うこともある.この内容については前述のリンクに詳しい.

そしてこの仕事が勧められる.というのも大抵はぶっちゃけ楽なのだ.これは私が飲食店や塾講師を経験した相対的なものな点には注意が必要だ.これ以上に楽なTAなどもあったりする.

私は東北線浦和駅東急東横線大井町線の自由が丘で行っておりマルチな視点でも見れていると思う.掛け持ちしているのは実際に楽で面白いと思ったから.週3日以上推奨で間に合っていないが実際のところ何とかなっている.以下情報を整理してみたのでJRと私鉄として比べてみてもらえるといいかもしれない.

両者で共通

  • ホームの案内業務を行う:放送・押し屋を含む
  • 年度跨ぎに定期更新の応援に参加できる
  • ホームの巡回・清掃がある
  • 無線を持って業務を行うことがある
  • 制服・白手袋支給:革靴は自己負担
  • バイトは目印に白い腕章をつける
  • 年休など福利厚生面が整っている
  • 喫煙室完備

浦和駅固有

  • 助勤がある:埼スタでのイベント時の多客対応応援へ東川口へ行ける
  • 汚物清掃は清掃業者へ委託(連絡),落とし物拾得は社員が行う
  • 列車が比較的空いている:全体的に緩め
  • 定期多売における裁量が広い
  • 笛を吹く

自由が丘駅固有

  • 日常的に複数の駅での勤務がある:都立大学,等々力,尾山台九品仏
  • 複数のホーム放送・案内を担当する:東横線上り,大井町線上下線
  • 同僚が非常に多い
  • 研修が整理されている
  • 研修とともに休日出勤や車いす案内が行える
  • 勤務時間が長い
  • 汚物清掃などの本格的な清掃,落とし物拾得,急患対応を行うこともある
  • 総じて普段から裁量が広い
  • 自社駅間のバイトの交流が盛ん:野球大会や飲み会,旅行など
  • 勤務中一部のポジションにおいて在線状況の確認のためにスマホが貸与される

駅員バイトのproconを整理する.

Pros

  • 時給が高い①
  • ホームの放送などができる
  • バイトにしては裁量が大きい:放送の工夫が可能*
  • 学校に行く前に小銭を稼げる
  • 勤務時間はラッシュ時間に限られるため短い②
  • ①②より効率的に稼げる
  • 経営に余裕があり社員のビジネスセンスも薄いので伸び伸びと仕事ができる
  • 社員とも仲良くなれる**
  • 寝坊がぶっちゃけ許容され勤怠管理が緩め
  • ごく一部乗車券などの特典を受けられる
  • なぜか学歴の高い人が多い:港区女子には有望株の機会かも?

Cons

  • 早起きしなければならない
  • 勤務時間が原則短い(朝ラッシュ1~2h)なので一気に稼ぐことが難しい
  • 同僚の鉄分が高い:鉄オタが多い
  • 非オタの場合,知識を入れなければならない
  • 接客業なので苦情や厳しい対応をお客様に迫られることがある
  • 遅延時は忙しい
  • ホームは大抵屋外なため夏・冬が厳しい
  • 制服を強いられる

私の場合,自動放送の更新が遅れている都合,簡単な英語案内を心掛けている.

Ex1: This is Takasaki line for Ageo, Konosu, Kumagaya and Takasaki.

Ex2: Arriving on track No.4 is Utsunomiya line rapid service for Kuki, Oyama and Utsunomiya. Please be careful with stops. The next is Omiya.

Ex3: ”4番線ご注意下さい.宇都宮線快速ラビット宇都宮行きが長い15両で到着です.危ないですから黄色い点字ブロックの内側までお下がりください.”この列車は当駅を出ますと,大宮,蓮田,久喜,古河,小山の順に停車致します.さいたま新都心は通過です.停車駅にご注意下さい.また途中の久喜で,前を走る普通列車にお乗り換えいただけます.

””の間は定型的なもので後者を付加した.特に久喜の乗換について時刻表の情報より案内を付加した.このほかにも分散乗車促進や傘忘れの啓発,遅れの謝罪などを臨機応変に行う.

**

以下は社員と行った旅行の例.飲み会を開くことも.

pytho.hatenablog.com

いかがだったでしょうか(定型文).赤裸々に描いたがバイトをしてみたいと思っていただけたら幸い.一緒に働ければさらに幸いだ.

cf

pytho.hatenablog.com


書評:蜜蜂と遠雷

ここでも簡単にやってみたのだが一冊読み終えたので本格的にやってみたい所存.

pytho.hatenablog.com

ちなみに上記でも述べたが小説自体しっかりと読むのが久しぶり.そのため純粋に読書が久しぶりの感覚で懐かしく本もよかったので非常に楽しめた.

 

せっかくなので中学卒業までに読んだものをリスト化してみる.

こうしてみるとミーハー本,有名海外文学,ラノベで大別できる.読んでいた時期としてはそれぞれ小5~中1,~小6,中2~といった具合だ.なので幼いころの方が真面目だった説も出てくる.意外と本棚を見返してみると面白くもあった.

閑話休題,それでは本題に移る.

読んだ本はタイトルの通り恩田陸著の蜜蜂と遠雷

といっても書ける内容は限られる.そもそも小説の読書経験が著しく乏しい.中学の頃はラノベを読み漁っていたがあれを文学と正規にカウントしていいかは疑問だ.モダンである意味最先端とも言えるが.

まず比喩が非常に表現豊かだった.これは小説の内容,ジャンルによるところもあるかもしれない.これまで読んだものはミステリー,SFが多く単純な文章表現の良しあしよりかは構成に重点が置かれていたように感じる.

これは逆を返すと,本作の構成はあまり面白くなかった.というのもコンクールを時系列を追って各コンテスタントに焦点を当てている.その中でn次予選,本選に分けられており,読み進めるごとの成長や関連性のワクワク感があるものの展開のドギマギさはない.端的に言って誰が残るだろうとかいうのが伏線云々以前に予想できる.その微妙なニュアンスを序盤から伝えるポテンシャル,表現力は評価できると思う.ミステリーであれば犯人が誰かという衝動がこみあげてくるがこれにはない.やっぱりそうかという感じがどうしても否めない.加えて以下の写真がある意味で衝撃的だった.これは大学の食堂の一角だ.ここで続編について知ってしまった.これにより後半でコンテスタントがさらに成長していく中で,続編ではこうなるんだろうなあというメタ的な視線が入ってしまった.個人的にこの手の小説においては続編は出すべきではないと思う.文学の醍醐味とは作中で語られなかった,特に登場人物の未来についての解釈が読み手に委ねられる点だと強く思う.そして日本においてはこうした土壌が同人市場の素地でもあるだろう.続編はこれを壊しかねない.確かに原作者において担保された物語の需要もあるだろう.しかしそこを踏み留めてこその”文化”だと私は思う.

話をミクロに戻す.作中において非常に好きな表現があったのでこの一点だけ紹介する.以下の部分だ.単行本の261ページにあたる.ここは節の終わりの部分である.ここの最後の3行が深いように感じる.

春と修羅。あたしの。あそこに。

この文章は詩的だ.短い1段落だがここにこそ亜夜の気持ちが凝縮されている.言葉にならない思いの言語化の中途半端さとも言えるものがここに詰まっている.エモい.

そうして続く最終段落やその前の宇宙にいるという描写からも分かるように場面の情景が繊細に描かれている.そのため活字なのにも関わらず世界が広がる.これは登場人物の感想による情景もそうだし,登場人物の演奏自体:音楽もそうだ.こんな情景なんだろうなあというのが容易に目に浮かぶ.豊かな語彙で簡単に行うこの文章力自体はさすがプロだと言える.そしてこれだけの長編にも関わらずその表現に飽きがこない点もすごい.冗長ではない.くどくはない.だから読み進められる.展開がたとえ読めたとしてもコンテスタントの表現する世界の表現を読みたいと思える.デメリットを補う,むしろ活用さえしているのではないかと感じさせるすごみがある.そのような感じで勧められる.

ここまで拙文ながら自分の言葉で書ききってみた.

www.youtube.com

上記のようなプロも同様のことをしている.というか私はこれに感化されて真似したところがある.彼女のこの動画が面白そうだったので図書館で借りてみた.ぜひこれも見てみてもらいたい.彼女のものの方が構成も練られ大衆的ではるかにお勧めだ.暇な人は当記事と見比べたり自分なりの感想・アウトプットと比較もしてみて欲しい.

ここからは蛇足.ちなみにだが私は小学生や学部の頃など何度かピアノに挑戦しようとして実質的に挫折している.ただだからこそとも言うべきか音楽家へのリスペクトもある.本作を読んでいてコンテスタントらへの尊敬が一層増した.プロの音楽家は素晴らしいと再認識できた.ただクリティカルシンキングのうるさいオタクでもある.そのため音楽系YouTuberらに思うところがなくもない.日本でもすごいピアニストらがいる.しかし彼らの動画のクオリティにわずかながら思うところもある.以下のチャンネルは非常に素晴らしい演奏をする.1つでも聞けば感じるだろう.ここでは身近なサブカル寄りのものを選んだが,クラシック方面でも海外では素晴らしいだろう.

www.youtube.com

一方で日本人を見返してみると確かに私より遥か遥か腕は上で素晴らしいがトップと比べると見劣りしてしまう.そのためチャンネル登録者にも桁の違いが見られる.音楽では作中でも書かれているように言語の壁がない.そのためタイトルが日本語,演奏がJPOPでも関連性は低い.故に彼らにはさらに努力してクオリティを高めてほしいと望む.邪推だが練習時間の差異があるのではないかとも感じる.単純なミスタッチもあったりするからだ.ただ一方でこれにも問題がある.実質無料コンテンツのYouTubeにそこまでする価値があるかという点だ.これはその通りで有料コンサートを別で開きハイクオリティの演奏をしてくれるのであれば,それがもっとも望ましいと思う.

自己分析フィードバック

先日人事の方と面談をして,主に部署の業務内容を伺っていたのだが,テストのフィードバックを受けたので自己分析として昇華・記録しておこうと思う.

ちなみに会社はパーク24.馴染みの薄い会社かもしれないが駐車場のTimesと聞けば分かるだろう.モビリティという点において親近感を持ったのがきっかけ.会社概要や上述の業務内容もいずれ整理したい.ここでは経営企画への参画ということで話が進んでいる.といっても内定は執筆時点でまだなので可否は不明だが.ちなみにこれはテストとESに書かれた私の希望,会社の人数バランスなどから考えられたと考えられる.

そして分析より私に最も向いている職種は研究開発とのことだった.なるほど陰キャに非常に向いていそうだ.一方で営業は向いていないようだ.やはり陰キャであることが証明されてしまった.これを受けて博士進学や研究所も考えられないこともないが1つの指標で決定するのは早計だ.そもそも現時点の学生生活の実感においてアカデミックは厳しい.漠然とした修論のゴールに向かっていくことへのモチベーションや課題発見や一連のプロセスに対する私の払うコストが高いように感じる.転じてこうした業務への私の効率が悪いのではないかと考えられる.故に敬遠している.これは鉄道総研インターンでも感じた部分だ.

時点で経営企画やエンジニアリング,プロジェクトマネジメント,コンサルタントなどらしい.我ながら将来性を感じざるを得ない.確かに陰キャでありながら数理,ロジックベースでマネジメントしていくのは向いてそうな気がする.単純なコミュニケーションは苦手だがビジネスと割り切ればなんとでもなるだろう.こうした背景もあってWantedlyに繋がっている側面もある.

経営企画部においては以下は他山の石かもしれない.面白い記事でもあったので二義的に共有を図る.

biz-journal.jp

WTW分析,GREETモデルとは

ちょうどいい記事を見つけたので紹介する.というのも私の研究内容に近い.といっても私は新奇性として貨物に絞っているが.ちなみに記事の計算結果について個人的には懐疑的でもう少しいい結果が得られるのではないだろうかと考えている.blog.evsmart.net

そして今回のゼミ資料はGREETモデルの解説だ.というのも英語のツールで使い勝手がいまいち分からないので自身の整理も込めている.

Ex: Gaseous Hydrogen: Pathway

f:id:pytho:20200323220828p:plain

NGとシェール由来がおよそ半々で下流

f:id:pytho:20200323220838p:plain

上流での割合のNGが“中央工場”でH2に改質されるf:id:pytho:20200323220853p:plain

水蒸気改質においてゼロエミッションの有無が分岐しありが100%で下流

f:id:pytho:20200323220901p:plain

中央工場で生産されたH2がパイプラインでステーションへ配送され圧縮保管される

f:id:pytho:20200323220908p:plain

ステーションでは100%中央工場由来のH2が用いられ車両タンクへ

Mix

左図はPathway最後の左上のチャート(中央工場)における割合を示し,前述の通りNG由来が100%となる.そこで,図や電気にも太陽光や風力が設けられるがデフォルトで数値は特に定義されない.基本的な経路(300個)は定義されているので,パラメータ(シェア,効率など)の設定を随時行う.

Transportation

下記は米の一般的なディーゼルの輸送を図示している.しかし日本のものはなかったので,石油(ガソリン),LNG(SMR),発電*などを作らなければならないと考えられる.

簡単のため貿易統計などを参考に中東,豪,露,東南,北米でまとめ,入力のシェア,距離を与える.またそれぞれの交通機関の燃費等の複雑なパラメータはデフォルトで計算する.

f:id:pytho:20200323220926p:plain

総じてTTWは元のデータを多く利用できるが,WTTは既にあるものを参考に自作する.

WTTのデータによりWTWは速やかに得られると予想されるので,ここでJARIと乗用車のデータを比較しながら,トラックの出力を見ていく.

*発電Mixにおいて各燃料にアクセスすると米のプロセスのデータになるため,現時点では中東などからの輸送コストが含まれていない可能性がある?

 

石油

LNG

石炭

中東

87.4

21.7

0

東南

0

30.5

12.5

0

34.6

71.5

北米

2.8

3.0

4.5

4.8

8.1

10.8

その他

5.0

2.1

0.7

sum

100

100

100

Profile in Wantedly

pytho.hatenablog.com

上記で書いたWantedlyを共有する.

青木 孝成 プロフィール - Wantedly

これ自体は以前からやっていたのだが,あくまで就活で貰う名刺管理でしかなかった.しかし求人やコラムがあり利用するに至った.そこでマッチングを成立させるためにプロフィールが重要なようで様々ESのように書き足してみた.特に面白かったのがポートフォリオだ.ここで示したスライドや未紹介のものもあるので,興味あれば一見されたし.ちなみにWantedlyの最初の理由としては下記の会社.ベンチャーでのジョインには必携のようだ.

MaaS Tech Japan、グロービス・キャピタル・パートナーズから資金調達を実施。|株式会社MaaS Tech Japanのプレスリリース