AOKI's copy&paste archive

高専から駅弁大学から東工大を経て大企業へ 浅く広い趣味とかキャリアの日記を

RISK

すべての道はローマに通ずではないけれど,とどのつまりすべての知識の蓄積はビジネスに活かせると思える今日このごろである.

 

研修として色々なフレームワークなどを詰め込まれているための全能感だろう.

ただ自分なりの工夫点もあって,システム開発系を主とした工程管理の話であれば,土木の計画理論,プロジェクト管理で習ったクリティカルパスなどの知識を外挿し,有機的な知識の蓄積に努めている.

 

今回はリスクにおいて記された下記の書籍を中心に扱うつもりだが,リスク管理もビジネス的に重要な観点なので,本書の内容や私自身の感想だけでなく,そうした累積された知識も表出されるだろう点をご留意いただきたい.

 

 

 

リスクといって,現在まず思いつくのはコロナだ.

自身に感染した際の症状の重さや病院の受け入れ可否のほか,他人にうつさないか,会社でどう扱われるか心配はつきない.

 

なぜ,これが第一に浮かんだのだろうか.

これはビジネス的に考えれば,オーダーオブマグニチュード的なものと考えられる.

感染力が強く確率が高い割に,その影響も最悪死に繋がる大きいものであるからだ.

 

確率だけなら,猫に顔を引っかかれたり,道端で転ぶ方が高いだろう.

影響度だけなら,自然災害や戦争の方が高いだろう.

しかし複合的に大きいために筆頭に挙がる.

 

本書ではコロナ前の書籍であり,アメリカで書かれたため,911テロがまず挙げられる背景を例示している.

ただここには心理的なギャップが存在する.

同等に確率・影響が高いものとして,気候変動を挙げて比較をする.

下記の動画はそういった点で非常に視覚的効果が高い.

このテーマでアメリカで書かれているのは,筆者の狙いだろうが皮肉的だ.

 

youtu.be

youtu.be

 

さて,その心理的ギャップとは,色々あるが経験の有無や国際的利害関係がある.

詳しくは本書に譲るが,人間の心理的特性としてか,愚者は経験に学ぶので,経験の作用が強く表れる.

911によってアメリカはテロに対し過剰に恐怖心を抱き,言わば影響度を過剰推計した点が挙げられる.

 

これは他山の石だ.

日本でも震災後の復興計画において,その適切性は大いに議論になるだろうが,超巨大な防潮堤を計画し,原発も完全に停止した.

原発問題は現在も尾を引いている.

 

911も日本のエネルギー問題も国家的予算が絡んでいるため,定量的に適切な施策が取られることが望ましい.

本書ではブッシュ政権時におけるテロの恐怖心への扇動と軍事派遣を痛烈に批判している.

 

あるいは世代間格差的要素などにも注目している.

テロが自分ごとなのに対し,環境問題は後世の他人事で場合によっては一切関係ない.

そのため動機づけが弱くなる.

この点は冷静な分析的視点ではその通りで,SDGsなど持続可能性を謳う世の中になっても難しい問題だろう.

これも日本の年金問題などに近いようにも見える.

 

さらにSARSに関する言及もある.

コロナと関連させながら,当時の反省点などを振り返って読むのも面白いだろう.

緊急事態宣言や蔓延防止措置は感染と経済のジレンマに立たされ,社会的批判も高まっている.

背景には動学的不整合が多分に含まれることと推測されるが,一年前のコロナが未知の状態からはかなり改善した.

そのため論理的に正しく休業要請や補助金支給が行われることを望む.

 

 

最後にリスクに関する経験として,私の学部での卒業研究が挙げられる.

落橋に関する指標推定を行い,確率はごくわずかながら影響が大きい特徴がある.

橋はこうした指標を用いて保守管理が行われていることを,この経験を通して学んだ.

コロナなど未知のリスクに関しては,こうした既存のフレームワークを部分的にでもとりあえず当て嵌めてみることもできるのではないだろうか.

WRITE SPECIFIC

後輩や学生時代の同期・友人に就活・転職の書類について,まれに相談を受けるのだが,最近の社内研修で注意されたことも含め思うところがあり,いい文章を書くためのコツは共有されるべきだろうということで記す.

 

ただ業務内で得た知識を不用意に扱うのはコンプラ的にマズいので,内容は意図的に普遍的な内容に留めるものとする.

そのため詳細を知りたかったり,それを踏まえたフィードバックを求める人がいれば,直接個人に相談していただきたい.

 

とはいえ,内容を絞ると書けることとしては,具体的に書けということくらいだ.

ただこれは案外難しい.

意識的に書いていないと,逃げ的な心理があるのか,抽象的に曖昧に書きがちだ.

 

これは日本特有の文化とも言えるだろうか.

日本語は遠回しな表現が多く,それがビジネスコミュニケーションでも表出してしまう場面が多い.

柔らかな断り方などの日本文化も尊いものだが,抽象度が高すぎると何をいいたいのか分からない.

特にESや経歴書であれば,具体的なエピソードを積極的に盛り込むべきだ.

 

例えばサークルや営業の業務経験でPDCAが磨かれましたとしよう.

書いている内容自体は悪くないが,あまりに普遍的で個性が感じられず,その人のバックグラウンドが何も見えない.

そこで前述のとおりエピソードを絡めることは,最も簡単な手法だ.

 

営業で***から***という目標を定め,毎週振り返りを行うPDCAの業務プロセスを自身に課したことで,営業成績が1.1倍になりました,目標を達成し社内表彰を受けました.

こういう方が望ましい.

 

さらにエピソードの中にも積極的に数値を盛り込むことが挙げられる.

たくさん頑張ったという記述では相手に程度が伝わらない.

社内表彰は1つ目安にできるが,これも会社ごとの評価基準があるため,普遍性に欠ける.

そこで成績が何倍だとか,売上実績としていくらまでといった普遍的,定量的指標が強い.

こうした数値は言葉でも伝えることはできるが,数字の利便性には敵わない.

だからこそビジネスでKPIが重視されるわけで.

定性的な評価が簡単に公平に行えれば苦労しないのだが.

 

ちなみに最後に私自身の校正のエピソードを加えると,友人でありつつも,落ちられたら責任感も感じるので,結構強めにローコンテクストで伝えた.

それこそ当ブログの記述のように率直に.

ただやはり友人同士のコミュニケーションとしては若干不適切で不快感を与えてしまったようにも思う.

これはプライベートに限らず,社内コミュニケーションでもやや課題に感じるところでもあったりする.

ENTJな気質を理解してもらえれば幸いなのだが,関係者全員の理解を得るのも難しいので,自身の態度を改めるべき側面もあろう.

 

また転職用の書類というのは未知の世界で,雛形はあったものの,書きにくさを感じた.

さらにそのフォーマットが見本なだけに,上述のような抽象度を受けたの今回の執筆理由の一因になっている.

 

参考に文章作成や転職の興味深いリンクを記録する.

 

「スパっと転職できる人」に変わるためのコツ | 就職・転職 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「旧帝大卒なのにパート 『学歴なりの仕事』がしたい!」高学歴自慢主婦の投稿が大炎上! 専門家に聞いた: J-CAST 会社ウォッチ【全文表示】

Amazonの会議はパワポ禁止 「事前に資料は配らない」理由:日経クロストレンド

 

いうて私の当時の文章の酷さもなかなかのものだが.

 

pytho.hatenablog.com 

pytho.hatenablog.com

pytho.hatenablog.com

 

Am I Sick?

医師のみぞ知る.

 

 

これ改めて書いていてもやはり痛さがありつつ事実なのだよなあとなってしまう.

それで病気とその検索といえば,この歌が非常に心に響いたのだが人間やはり好奇心が勝ってしまう.

 

youtu.be

 

しかもツイート内のリンクの自己愛性のヤツは結構あてはまる印象だ.

ただ個人的な推察として,これは病気と元気の紙一重がすぎるようにも思えるのだ.

5月病というよりも,元々の気質としてイケイケ尖りすぎていることに,社会人になって改めて自覚するとともに社会から突きつけられたといった感じだ.

簡単にエピソードトークをしておくと,社内教育係にもマナーがなってないと怒られたりした.

思い返せば就活も就学中も結構尖ってた.

大学院ではだいぶ丸くしていたが.

 

ただ以下を自分で参照するのも相変わらず痛いが,結局同質的では結果は見込めなかろう. 

成功者に共通する25の驚くべき性質 —— 反抗的な子どもは将来成功する? | Business Insider Japan

 

さて,そしてさらに流行り病で病院全般に罹りにくいのが厄介だ.

弊社の保健室というかカウンセラーサービスを使うのもありだが,ぶっちゃけ深刻に考えているわけでもなく,アポが面倒というのもある.

このアポが面倒という病人あるあるのメンタル態度は非常に不適切なことをメタ的に自覚しつつもやはり面倒なのだ.

精神以外も歯科も罹らないといけないはずだったが,結局放置していて非常によくない.

研修中であまり忙しくない時期に片付けておくべきかとは思うが.

 

 

そもそもなんでこんな痛いツイートをするに至ったかというと,間接的には仕事の影響だ.

その中で別段必要でもなかったが,旧知に連絡をとったのが主因だ.

 

あまりここに積極的に記してはこなかったが,高専就学時の学習内容以外の友人交流などにあまり良い思い出はない.

そういう環境だったのだ.

その主因もまた自分ではあるわけだが,そんな後ろめたさがありつつも,仕事の都合もあり近況もやや気になるところで,5年ぶりくらいに連絡した次第だ.

 

それだけ期間が空いているということは,つまりそういうことである.

ただ仕事がいいきっかけになったのも,また事実である.

 

ただの不仲というわけでもなく状況は複雑なのだが,その微妙な距離感の中,コミュニケーションを図ったら,意外にもイジりがかえってきた.

ぶっちゃけ無視されるかと思っていただけに,この反応は非常に意外だった.

 

ただ微妙な距離感の割には,妙に馴れ馴れしく,急にタメ口での返事がかえってきたためびっくりしてしまった.

それで下記のツイートに至る.

 

しかしこれは見て分かる通り,実名で公開されているため,見るのは非常に容易だ.

で,彼らにこの”愚痴”が見られていて,さらにイジりが加速するという構図に既視感があった.この墓穴掘り,このコミュニティにおいて私のお家芸になっているわけだ.

 

ただそんなわだかまりがあったままの離別であったわけだが,繰り返しになるがこの業務上必要な作業によって以下の通りだ.

 

 

禍福は糾える縄の如し

 

 

おあとがよろしいようで?

 

 

一般人であれば愚痴を見られた時点で心が折れそうな気もするが,冒頭記したような超健康/病気により無傷というかむしろ精神的復調に至ったのだ.

Rose in next city's park

f:id:pytho:20210509192235j:plain

f:id:pytho:20210509192245j:plain

この東屋で強い日差しを避けつつ,2時間くらい読書をするなど.

 

香りが非常に良好な環境ではあるものの,周囲の喧騒もやや大きめなので,読書環境としてはそこそこ.

これはハイシーズンを避ければいいだけのことだろうが,子ども用の遊具公園も隣接されており,ファミリーに強い要素を備えている.

さらに遠方の新幹線の音が結構聞こえる.個人的には鉄分として好きだけど,一般的には騒音となるだろう.

 

若干,脱線になるが,伊奈町は道路環境にしろ,居住環境の整備には非常に尽力している印象だ.

というのも主要鉄道の沿線からは若干外れるため,どうしても不動産価値的に弱いところがある.

西隣の上尾は高崎線,東隣の蓮田は宇都宮線という5方面作戦である中電本線の主要駅なのに対し,ここ伊奈は新幹線が縦貫するもののもちろん停車駅はなく,併設され大宮駅乗換必須の新都市交通のニューシャトルか,前述の駅までバスが必要になってしまう.

そのギャップを埋めるためか,あるいは都市開発の遅れを取り戻すために後発になったためか.

 

f:id:pytho:20210509192256j:plain

f:id:pytho:20210509192303j:plain

f:id:pytho:20210509192315j:plain

f:id:pytho:20210509192348j:plain

f:id:pytho:20210509192359j:plain

f:id:pytho:20210509192410j:plain

f:id:pytho:20210509192439j:plain

f:id:pytho:20210509192451j:plain

f:id:pytho:20210509192504j:plain

f:id:pytho:20210509192514j:plain

天気もよく緊急事態宣言で都内に行くのも憚られたので,近場である隣町の伊奈町の公園の一部であるバラ園に行ってみた.

ちょうど見頃できれいだったけど,やはりそれなりの人出.

 

GWを避けてひたち海浜公園ネモフィラか,これまた近場の「大宮花の丘 農林公苑」でネモフィラを見ようかとも思ったのだが,ここのところ在宅っきりで運動不足を解消したくもあり,近場まで自転車で行くこととした.

 

品種が非常に豊富で数えてはいないが,100近くあるのではないだろうか.

また品種ごとに強香,微香などとあり,マスク必須で感じにくくはあるものの,確かに香りがそこら中に漂っていた.

 

入場料は350円必要で,特に現金のみというのは若干不満だったが,思いの外灯台下暗しといった具合で魅力的だった.

あとGoogle Map上特有なのか英語表記がダサい..

 

f:id:pytho:20210510000229p:plain

 

好きな高架構造

久しぶりだから,まずは簡潔に短いものを書こうと思う.

少し近況を書き加えると,新卒生活は非常に良好だ.

とはいえ,ここのところの更新が途絶えていたのは,案外忙しいというかリズムに慣れが必要だった.

5月病と言われる季節ではあるが,横柄を承知で率直に言えば,むしろもっと働かせろ,もっと裁量をよこせという気持ちだ.

 

それから修了したのでささやけではあるものの,特にGWは以下の対応があった.

 

近況報告はこの程度にしていて,今回は最近見たYouTubeに触発されて,好きな高架JCTをまとめようと思う.

 

youtu.be

 

高架の立体的視覚効果といえば,直近のこの記事が思い出される.

 

 

pytho.hatenablog.com

 

個人的に好きな特徴的高架は割と普通なラインナップだとは思うが下記のとおりだ.

 

美女木

土地の制約により信号付きの珍しい形式.

 

池尻大橋

高低差をうめるためのループ橋のための構造を公園的に共有していて面白い.

在学中に学校帰りに寄るつもりだったのが,緊急事態で通学機会も激減し,未踏破なのだが.

 

大黒

先日のドライブで初めて訪れたが,非常に複層的になっていて構造的に面白いほか,入場時に吊橋を絶妙な角度で見られるのも魅力的.

車オタクは駐車車両のポイントも高いだろう.むしろこの話が有名なわけだが.

f:id:pytho:20210509182442j:plain

 

高尾山IC

山中に限られたスペースで造られた雰囲気がいい.

 

箱崎

逆に都心の限られたスペースに詰め込まれ,さらに騒音防止に壁が高く暗い感じが逆に魅力的