AOKI's copy&paste archive

高専から駅弁大学から東工大を経て大企業へ 浅く広い趣味とかキャリアの日記を

2022冬休み読書感想文

ここのところ本の内容をまとめられていなかったのでやっておく。

理由は大きく2つあって、まず新卒一年目で配属されてしばらく経ち、業務が本格化し忙しくなってしまい時間がとれなくなってしまったこと。これに関しては、冊数は減少気味なものの、通勤時間があるので読書時間は十分に担保されている。

第二にとある本の主張がこの行動を再び動機づけさせた。これは感想とともに後述しよう。

ブログの感想文なので、詳しい著書や出版社は楽天のリンクを参照していただきたい。

 

 

Zero to One

一冊目はガッツリビジネス系。Paypalマフィア出身の著者が、直近の起業ブームに物申す。

下記動画のサムネにもいる彼らのその後を見ると、マフィアとは言い得て妙だ。

 

youtu.be

 

起業は直近では失敗率も高いため、スモールスタートで数を撃ちまくるLEENがもてはやされている。これは大学での起業家教育でも、取り入れられていた。東工大のToTALでも。

ただその定説に逆張りして、目的意識の明確化や準備の重要性を説くのが要旨だ。そこで既存のLEENを重視する大学教育も批判している。

またビジネスの豊かな経験に基づく鋭い洞察もあり、経済学的な独占も重視している。営業を重視するのも同様だ。

一方で破壊的技術に伴い市場破壊には懐疑的で、既存市場との協調路線を推奨している。

最後に興味深かったのは、いわゆるアスペ気味で人付き合いの苦手な方が、非競争環境にいて却って強みにいるとの見方だ。そこではチームの力にしづらいから個人の能力やセンスが相対的に重視されるだろうが、必ずしも仲良しこよしが最良でないというのは驚きとともに、幅広い人付き合いがどちらかというと苦手な私には天啓にも思える。

とはいえ、そもそも起業家あるいはそれに近い人らは柔軟な思考回路、MBTIでいうP型の傾向での相性がいいであろうから、頑固な私はユニコーンになったあたりで混ざらせてもらったほうが効率的なのではと夢想したり。

 

 

レンブラントの身震い

きっかけ

どこぞの科学系の推薦書に挙がっていたので読んでみた。

目下同じくニコラ・テスラのものも読書中だ。

同様に推薦された零の発見も同時に読んだが、本書と被るところも多い印象で、こちらが上位互換な印象もあったので、こちらの紹介に留める。

科学道100冊ラインナップ – 科学道100冊

 

そういえば、この中に東工大リベラルアーツの伊藤先生を中心に、東大の哲学者の国分先生らを交えた利他も含まれていた。

これは当ブログではタイミングの問題でまとめなかったが、普通に面白くおすすめだったとここで述べておこう。

 

概要

本書は数学者の著者が最新のAI技術を紹介しつつ、そこで題名にもある芸術との比較を通じてヒューマンコードの人間の言語化しがたい感覚的なものとの見方、要は現代的な哲学を展開する。

本書の短所を挙げるなら、テクノロジーとアートの両方に一定の前提知識がないと、その内容の深部を測り味わい自分ごとに落とし込めないことだ。私自身を棚に上げるつもりはないが、日本の今日の文化的な生活においても、あるいは最新技術の応用にしても、ここに追いつける人は限られてしまうだろう。

もちろん技術に疎い人が現代動向を知ろうとしたり、あるいは技術者がリベラルアーツの材料や今後の事業アイデアを探そうとライトに読むのも、それは当然読者の自由ではあるが。

 

蛇足セレンディピティ

著書が数学者であることは先に述べたが、その妻がイラストレータだそうだ。やはりこうした異分野の融合の掛け算は強いし、希少性とセレンディピティに圧倒的な優位性を感じる。

確かこんな著者の家族構成の本を前にも読んだぞ。

 

pytho.hatenablog.com

 

そんな感じなので、というかそもそも海外の著書も相まって、長めなので引用も多めに紹介しよう。

なおこれも効率重視でGoogle Lensを使用したので、気づく限りは修正したが、誤りも多いであろうことを先に断る。

 

芸術観の哲学と機械

それでもなお、現代の芸術観はわたしたちに、そもそも芸術は何かを表現しているのか?と問いかける。芸術は、むしろ政治や力や金に関わるものではないのか。これは芸術だ、という人々が芸術を定義する。

(中略)

展覧会という場に置かれたがために、本来機能的な品物である便器が、「芸術とは何か」という問についての言明になった。ジョン・ケージは、聴衆に四分三三秒間の沈黙に耳を澄まさせる。するとわたしたちは急に、音楽とは何かを自問し始める。外から入り込む音に耳を澄まして、いつもとは違うやり方でそれらを鑑賞するのである。

(中略)

鑑賞する側に不在と曖昧さの概念と折り合いをつけろと迫る。リヒターの「4900Farben」でさえ、じつは色付きの正方形の美学や技量が重要なわけではない。あれは、鑑賞する側の意図や偶然といった概念に挑む政治的な言明なのである。

それならコンピュータ・アートも、同じように政治的な問いかけを表しているのだろうか。今かりに、みなさんが冗談を聞いて笑ったとして、その後でその冗談を作ったのはアルゴリズムだと告げられたら、どのような違いが生まれるのか。皆さんが笑ったというだけで、十分なはずだ。それなのに、なぜ笑い以外の感情を引き起こされた場合には十分でなくなるのか。ある芸術作品を見て涙し、その後でその作品を作ったのがコンピュータだと告げられると、たいていの人はだまされたとか、担がれた、ごまかされたと感じるのではなかろうか。だがこうなると、わたしたちはほんとうにほかの人の心とつながっているのか、あるいは自分自身の心のまだ活用されていない領域を探っているだけなのかが問題になってくる。なおかつこれは、ほかの人の意識に関する難問でもあるわたしたちは、心が外に表出してくるものに頼るしかない。なぜなら、どこまでいっても永遠に、ほんとうの意味で他人の心のなかに入ることはできないのだから。

 

上記は私自身の美術館への態度へも問題提起を孕んでいて面白いと思った。

コンピュータの進化に伴って人間の文化的な態度もアップデートを迫られているのは、本書に統一された問いかけと警鐘だったようにも思われた。

あるいは現代アートにも近いというか、根底的に同質性を感じられる。それらもゴミや異質な材料を用いて、既存の芸術に疑問を投げかける。

要は手段や道具の違いにすぎず、そこに石油化学製品や写真が入り込んでいったのと同様で、コンピュータが特別視されることもないというところではないだろうか。

とはいえ、そこまでの議論の過程もまた文化的発展において不可欠であり、そこで人間的本質の新たな洞察が得られるかもしれない。むしろそういった正の側面に、前向きに注目すべきなのではないだろうか。

 

数学の証明の展望

数学者たちは、かつてそのようなバグでやけどを負っていた。一九九二年にオクスフォードの物理学者が、ひも理論の発見的アルゴリズムを用いて、高次元の帰化空間で確認しうる代数的構造の個数を予測したのだが、数学者たちは、なんだか疑わしいと思った。教学者たる自分たちに向かってそこまで抽象的な構造について語れるとは思えなかったのだ。やがてその予想が間違っていることが証明されたことから、数学者たちは自分たちの疑いが裏付けられたと考えた。ところがその証明の一部にはコンピュータが使われており、そのプログラムにバグがあることが判明したのである。間違えたのは物理学者ではなく、数学者のほうだった。プログラムのバグのせいで、正道を踏み外したのだ。数学者たちは数年後に、今度はコンピュータを使わずに物理学者の予想が正しいことを証明した。

こういった出来事のせいもあって、コンピュータを使ったせいで欠陥があるプログラムのうえに精密な建造物を建てることになるのではないか、という数学者の恐れに火がついた。そうはいっても正直な話、コンピュータより人間のほうが間違う確率は高い。眉をひそめられるのを覚悟でいえば、これまでにも、ギャップやミスが見過ごされてきた証明が多数あったはずなのだ。わたしにはちゃんとわかっている。なぜならわたし自身が、自分の発表した二つの証明に穴があることを、後になって発見したのだから。それらのギャップは埋めることができたが、査読者も編集者も、その穴に気づいていなかった。

 

ここでの話は以下の証明との関連性が深く、かつて見た動画が深く思い出された。証明の具体的内容も酷似しており、なおのことだ。

このニューロンの発光のアハ的な感覚は、人間的なものだと思っていたい。

 

youtu.be

 

Human vs. Machine

ともすれば、やはり機械の方が権威があるように思える。これは今日の労働の現場でも感じるフラストレーションの1つでもある。しかし思想的には今日の機械水準では危険というのが当座の答えだろう。これは血塗られた事故の歴史に学ぶところがある。

 

www.nicovideo.jp

bb-movie.jp

f:id:pytho:20220123204209j:plain

 

ここのところ自動車の自動運転も注目されている。しかし自動化で先を行っている航空機においても、その技術進展は途上であるため、完全自動運転には依然時間を要するだろうというのが、私の個人的な見方だ。しかも航空機においては、各種計器や空港のILSといった機械やシステムが整備されている。そうした補助を活用しても、複雑な離着陸の完全自動化は難しい。ゆえにこの状況を代入すれば、高速道路などの高規格道路の自動化は早くとも、複雑な事故要因を有す市街地や路地は困難だろう。

 

さて、話が逸れたが、もう少しだけ脱線すると、当座の機械との付き合い方としては、機械はあくまで補助ということだ。重要な局面では、人間の判断と責任が求められる。

これはビジネスも同様で、いくらデータ分析やマーケティングが自動化されたとしても、評価関数が作れようが人に回帰するだろう。専ら仮に汎用的な評価関数が得られれば、基本的なボトムラインが挙げられ、新たな知的生産に集中でき、文化は大きく一歩前進するだろうが。

 

 

音楽

次は音楽関連だ。1つ目のエミリーはアルゴリズムの名前だ。

 

どうやらわたしは心の片隅で、自分が数学者でなく作曲家だったらよかったのに、と思っているらしい。わたしにとって音楽は、常に数学の旅の道連れだった。数学の世界の未踏の領域に考えを巡らせるとき、わたしの脳は常にパターンや構造を探している。それもあってか、バッハやバルトークの楽曲が思考を後押ししてくれる。この二人は、数学者であるわたしが胸躍らせる構造とが大好きで、似た構造に魅せられていた。バッハはシンメトリーが大好きで、バルトークフィボナッチ数列に夢中だったのだ。作曲者はときには直線的に、その意味を知らずに数学的な構造に魅了されあるいはまた、自分の作品の枠組みになりそうな新たな数学的概念を見つけ出す。

作曲家のエミリー・ハワードと、どんな幾何学的構造が音楽的に面白そうかを話し合っていたわたしは、ふとあることを思いついた。双曲幾何学という数学の概略をエミリーに説明して、その代わりに作曲のレッスンをしてもらうというのはどうだろう。それはたしかに公平な取引だということになり、じきにわたしたちはコーヒーを飲みながら、第一回のレッスンを行うことになった。

真っ白な紙が新米の物書きにとって威圧的な虚無となるように、音符が一つもない五線譜を見たわたしはパニックに陥った。エミリーは落ち着き払って、どんな作曲家でも、何らかの枠組み―というかひと揃いの規則から出発して作品を形作っていくしかないといった。だからわたしたちは、中世の対位法の規則から始めましょう。中世の対位法では、プロレショカノンというものを使って一筋の調べを作り、それを多声の作品に展開していく。まずは一つの声が歌う単純なリズムから始めて、次に二つ目の声が同じリズムを半分のスピードで歌い、三つ目の声が二倍のスピードで歌う。こうすると、三つの声がリズムは異なるが強く関係した形で歌うようになる。この技法による対位法の作品を聴くと、脳は三つの声を結ぶパターンの存在に気がつく。

わたしには次のような宿題が出された。単純なリズムを作って、それを中世のプロレーションの伝統を用いて弦楽三重奏に発展させること。実行するのは容易で、数式で表すのも簡単だ。x+2x+1/2xというのがその式である。こうして自分の作った作品が姿を現したとき、わたしはまるで庭師になったような気がした。始まりは、まったくのゼロから生み出した小さなリズムの断片だった。この断片は、いわば五線譜に投げ込む種のようなもので、次にエミリーに教わったアルゴリズムを使うと、この種に突然変異を起こさせ、変化させて、育てることができる。

 

コープのアルゴリズムでは、作品を小分けにして特徴を取り出して各作曲家のデータベースを作り終えると、次にコープが「再結合」と呼ぶものに取りかかる。複雑な構造を構成している要素を認識することと、それらの断片から新たな合成物を構築する方法を見つけ出すことは、まったく別だ。モーツァルトのサイコロ遊びのように、ランダムな過程を使うという手もあったが、さまざまな断片をランダムに組み合わせただけで、作曲家が曲中で作り上げた緊張と弛緩を反映できるとは思えない。そこでコープは、そのプログラムにもうつ手順を追加することにした。各断片のヒートマップ、色分け図を作ったのだ。

作曲家は、さまざまな要素を組み立ててフレーズと呼ばれる文法を作ることが多い。それらのフレーズには往々にしてパターンがあるので、コープはそれらを抽出し、SPEACという略記であらわすことにした。データベースが辞書だとすると、SPEACは作家が辞書に載っている単語を用いて文を作る、書き方にあたる。SPEACが確認するのは、次に挙げる五つのフレーズの基本的構成要素である。

(S)言明Statement:「反復以上の何ものをも期待されず「あるがままに』存在している」フレーズ

(P)準備Preparation:これらは「言明の意味や他の識別子を、その前に立つことで自立せ

ずに変える」

(E)拡張Extension:言明を長くする方法

(A)先行するものAnrecedent「有意義な関わりをもたらし決断を要求する」フレーズ

(C)結果Consequent:先行物の決着をつけるもの。「結果はSに見られるのと同じ和音や旋律の断片であることが多い。だがそれらは別の含みを持っている」

クラシックの作曲家の多くが、この文法を用いている。無意識に使う場合もあるが、修業の一環として習う場合も多い。ある種の和音は聴き手に、さらにその先があって決着をつける必要がありそうな感じを与える。それに続く和音次第で、決着がついたようにも、解決の必要がさらに高まったようにも感じさせることができるのだ。コープがSPEACを使って作品の起伏を分析してみると、どの作曲家にも独自の文法があることがわかった。ここで紹介するのは、コープによるスクリャービンピアノ曲の分析である。

コープはこの基本的な文法を確立すると、次にある種の音程を使うことで生じる緊張を測った。オクターブや完全五度の音程では、大きな緊張は生まれない。この事実は数学的にも裏付けることができて、実際これらの音程の周波数の比は、オクターブなら12完全五度なら2:3という

 

音楽と数学の結びつきといえば、やはり中世の欧州の学術分野が思い出される。学問分野として存在していたことは有名だが、そこでの関連性はあまり議論や紹介がされない印象がある。そこで偉人の理論が語られているのも面白いが、この詳細は別途音楽理論に譲ろう。

それよりも俄然、普遍的な形式の数学的考察が面白い。確かにパッヘルベルに代表されるカノン形式は言われれば、その通りだ。あるいはそうしたマクロ的な構造のみならず、そもそもの音が周波数的にキリのいいものが心地よく聞こえる。

これらは作曲家が訓練すれば得られるセンスで、これまでのヒューマンコードの蓄積の歴史にも学べる。ただ理論的に整理できる以上、機械化も比較的容易だろう。

しかし、、、

 

youtu.be

 

コンテクスト

小説家たちがすぐに職を失うことはまずあり得ない、とわたしは思っている。たぶんボットニックは、作家にはスタイルがある、という事実を捉えているだけなのだ。しかし作家のスタイルは、文の組み立て方を見さえすればわかる。しかるにボットニックはそれしか、つまり局地的な文の展開しか捉えておらず、改めて大局的な物語の構造を作ろうとはしない。ジャズのコンティニュエイターと同じで、説得力のあるジャズを二、三フレーズ作ることはできても、どこに向かっているかがわからないから、けっきょく退屈なものになってしまう。最近ちょくちょく思うのだが、ひょっとするとネットフリックスやアマゾン・プライムでは既にアルゴリズムが稼働しているのかもしれない。ついつい最後まで見てしまうのだが、結局何も語っていない台本があんなに乱造されているのだから。

 

とはいえ、難しい問題が上記のようなものだ。これは文学のみならず音楽にも当てはまるだろう。音楽に関しては、24時間統一されたコンセプトを構成したり、即興ジャズセッションに応えられたことも紹介されており、矛盾もある。

 

ただ、そのマクロな構造において、ストーリや感情を込めていくということは、現状ではAIの変数に組み込まれていない。もちろん先述の現代アートと類似するように、作られたものから本質やストーリを模索するという方向性もあるだろうが、ましてや昨今のPopsのように歌詞、すなわち自然言語を混ぜるともなれば、たちまち壁にぶち当たる。

さらにAIに特別な問題として、長期的な構造に関して、コンセプト、作者ごとに教師データが少ないという問題もある。

 

コラム『告発』:ケンブリッジ・アナリティカと個人情報保護・プライバシー

ここの前半を読んでいて、ちょうどケンブリッジ・アナリティカに関する本、『告発』が思い出されたが、案の定言及されていた。

 

もちろん、アルゴリズムがニュースを伝えるという状況には不気味なところもある。実際、物語が強力な政治的ツールになることは、歴史が繰り返し示している。最近の研究によると、いくらデータや証拠を挙げても、人々の考えはほとんど変わらない。それらのデータや証拠が織り上げられて物語になったときに、はじめて相手を説得し、考えを変えさせる力が生まれるのだ。自分の子どもにワクチンを打つのは危険だと確信している人に、ワクチンには病気の蔓延を食い止める力があるという統計を見せたとしても、まずもって考えを変えようとはしない。ところが、その人に誰かがはしかや疱瘡で倒れたという話をして、そこにデータを絡めれば、その人の考えを変えられる可能性が出てくる。ジョージ・モンビオ(英国の環境問題活動)が『残骸から』で述べているように、家でコラムニスト「物語に取って代われるのは物語だけ」なのだ。

物語を使えば意見を変えられる、という事実をとことん利用してきたのが、ケンブリッジ・アナリティカをはじめとする企業である。この会社は、「これがあなたのデジタルライフです」というアプリでフェイスブックの利用者八七〇〇万人の個人情報を集め、それに基づいて心理的なプロファイルを描き、さらにそれをニュース記事とマッチさせて、人々の投票行動に影響を及ぼそうとした。この会社のアルゴリズムは、ランダムに物語を割り振るところからはじめて、しだいにどの物語がユーザーのクリックを誘うのかを学習していった。

 

また脱線してしまうが、この本も非常に面白かった。ただこれも長くて、図書館の期限内に読みきれず、2/3くらい読んで返却してしまった。

今日におけるマーケティングの施策と、それに対する個人情報保護の線引きを把握するためにもビジネス必読書だ。

もしToC産業でそこまでのデータを集められておらず、自身や弊社に関係ないと思うのであれば、むしろそれだけデータをとれていない現状が、市場環境として後進的にすぎ、ヤバいとも思われる。それだけデータの威力は強く、今世紀の石油とも言われるが、『告発』の中で告発されるように、その力加減を誤ってはいけない。ドラッグにも近いような魔力がある。

 

さらにこの本で興味深かったのは、やはりそういうリテラシ層は革新系の左派に多かったものの、そこをレッドオーシャンと捉え、結果的にトランプを筆頭とした保守派への強力な武器になったということだ。

ああ、書いていて残りの部分も読みたくなってきた。

あるいは左派のデータサイエンティストやエンジニアが、高等教育の機会の多さに比例して多いのと同様に、その利用者もそちらに偏っており、そこでポリシを懐疑していた。それに対し、比較的リテラシの低い右派は、深いデータ提供もさせられやすかった、といった構図の仮説もありそうだ。

 

コロナと反ワクチンの成り立ち

そして、これは今日のコロナの問題にも関連するわけだ。アメリカでは既に大統領選で重大な局面を迎えていた。日本でもエセ科学陰謀論は蔓延っていたが、実害はあまり多くなかった。

しかしコロナワクチンにより、風向きが変わったように思える。反ワクチンはマイノリティであるものの、その問題や影響は案外深い。

 

匿名の医者や知識人が正当性を説くが、やはりそこでは正論は刺さらない。反ワクチンの成り行きとなるストーリやペインを把握し、氷解させていくアプローチが重要なのだろう。言葉は悪いが、そもそも初等教育までの人らに、論文や数値を示しても意味はない。

残念ながら理屈より感情なのだ。

 

ケンブリッジ・アナリティカは悪用と見られるが、その威力は証明された。

要は使いようなのだ。

ゆえに正当な使い方の模索が必要だ。あるいは敵対的に陰謀論の防止の模索も必要だろう。悪用時の特効薬としても予防として求められるから。

ただ、そうすると、使用者の正義が反映されてしまい、何を持って機械への入力値を人間が決めるか、あるいは機械が正義を判断できるのかという問題もある。そもそも現状は、各派が自身の正義に没頭するあまり、生産的議論がないので……

 

現状もワクチンは強制されておらず、それは人権や選択の自由に基づくものだろう。これ自体は否定できない。基本的にすべきとはいえ、あくまで99%の正義であり100%ではないから。

ただこれに対するスタンスは難しいところだ。というのも、こうした行政権の抑止があっても、民間企業には従業員に実質的に強制するケースが多いからだ。逆に家族の接種を妨害する場合もあるわけだが。

こうした部分は時間がかかるものの、社会制度の検討として、慎重に司法で深く議論されるべきだろう。だから、誰かがきっちり議論していただきたい。もっともこういう他人事の態度は、自分でも褒められたものではないと思うが。

この問題は目下も社会的関心も高く深く議論されているだろうし、脱線がすぎるのでこのあたりにしておこう。

ミレニアル世代やZ世代を惹きつけたいインスタ風アプリSupernovaはSNS大手の「倫理的オルタナティブ」になれるか | TechCrunch Japan

 

まとめとレンブラント

とはいえ、本書の感想はそれぞれにまとめたとおりで、各章が面白かったことは改めて言うまでもないし、本書を読むにあたっての心構えも先に書いた。

そういえば肝心の題名のレンブラントに関するところや、前半での直近のAIの歴史については特段取り上げなかった。

これは個人的に関心が薄かったというところもあるし、特に後者、各人で読んで噛み砕いてもらいたい。

ただ最後に言及するなら、絵の再現はかなりいい線にいっているとのことだ。これは画家ごとの教師データに基づくようなところもそうだし、下記のような普遍的なものにしても。そんなわけで批評家も騙してしまい、立つ瀬がなくなってきたりしていたりだとか。

 

知的生産の技術

 

本記事で冒頭に述べた理由の2つ目は、本書の影響だ。

読書は一般的に消費行為だが、これをこのようにメモなどでまとめたり整理することが生産的であり、身になると本書は説く。

小学校の読書カード然り、多読は知識の多くの吸収として評価されるべきだが、ただ読んで内容が抜けてしまうようでは意味がない。だから私は冊数至上主義のあの制度が嫌いだった。一見、理解し落とし込めているようでも、それは読んだ当時の印象であり、1年後の自分がどの程度覚えているかの保証はない。それならば、繰り返しまた読めばいいとの意見もあるだろうし、それは正しいが、多様な趣味を取り込むにはそれでは効率が落ちてしまう。

 

そこで自身の興味があるトピックをまとめることが重要だ。これは何も読書に限らない。というは、むしろ日常での何気ない出来事の記録の重要性が焦点であり要旨だ。ただし具体的な方法が役立つかは微妙だ。紹介される方法は洗練されているが、PCやインターネット普及以前である。そのためその方法とは、メモと単語帳の中間のようなカードへの記録方法が主だ。

逆説的に彼が現代に生き返ったとして、どの方法を是とするかは非常に興味深い。私のようにブログに記録して公開する方法もあれば、エクセルやSQL形式のDBを用いる人もいるし、Twitterもそういった側面がある。そもそも検索という行為が、アルゴリズムには非常に好相性である。実際にこの執筆でも、自ブログの検索機能による過去記事との関連性の追加を意識している。

クローズドなメモアプリの類も様々だし、プログラミングを習えば自分好みに自作やカスタマイズもできる。

 

くりかえしていうが、今日は情報の時代である。社会としても、この情報の洪水にどう対処するかということについて、さまざまな対策がかんがえられつつある。個人としても、どのようなことが必要なのか、時代とともにくりかえし検討してみることが必要であろう。

よみかき、計算ができる、というのは近代市民としてあたりまえのことである。現代では、それだけではすまなくなってきているのである。たとえば、電話帳のようなものでも、単に字がよめるというだけでは、つかいこなせないものである。百科事典とか、図書館とか、そんなものも、よみ・かきだけでは利用できない。書類の整理、検討、発表というようなことになると、これはかなりの訓練がいる。今日では、情報の検索、処理、生産、展開についての技術が、個人の基礎的素養として、たいせつなものになりつつあるのではないか。

ややさきばしったいいかたになるかもしれないが、わたしは、たとえばコンピューターのプログラムのかきかたなどが、個人としてのもっとも基礎的な技能となる日が、意外にはやくくるのではないかとかんがえている。すでにアメリカでは、初等教育においてコンピューター用めの言語FORTRANをおしえることがはじまったようだ。社会が、いままでのように人間だけでなりたっているものではなくなって、人間と機械とが緊密にむすびあった体系という意味で、いわゆるマン・マシン・システムの展開へすすむことが必至であるとするならば、

 

う~ん、先見の明に感心と脱帽だ。これ(米のFortran初等教育)を最近になって文部科学省で議論し、ようやく導入し始めたぐらいなのだから、そりゃあFANG(MAMAA)やBATXは生まれないわけである。

 

FANG, FAANG, and MAMAA
FANG was an acronym coined by Jim Cramer, the television host of CNBC's Mad Money, in 2013 to refer to Facebook, Amazon, Netflix, and Google. Cramer called these companies "totally dominant in their markets".[34] Cramer considered that the four companies were poised "to really take a bite out of" the bear market, giving double meaning to the acronym, according to Cramer's colleague at RealMoney.com, Bob Lang.[34][35][36]

Cramer expanded FANG to FAANG in 2017, adding Apple to the other four companies due to its revenues placing it as a potential Fortune 50 company.[37] Following Facebook, Inc.'s name change to Meta Platforms Inc. in October 2021, Cramer suggested replacing FAANG with MAMAA; this included replacing Netflix with Microsoft among the five companies represented as Netflix's valuation had not kept up with the other companies included in his acronym; with Microsoft, these new five companies each had market caps of at least $900 billion compared to Netflix's $310 billion at the time of Meta's rebranding.[20]

Big Tech - Wikipedia

 

そして理由に戻るが、本文中で読んだ内容の記録は、記憶の風化という経験則から早いに越したことがないとあった。読んだ当時の感想は、実は私もクローズドなところにざっくりメモしているが、それは体系的・有機的でない。これを昇華するためにも、このブログ執筆という機会を重視している。しかも私はガサツなので、そのメモを適当に行いがちなので、なおのこと早いに越したことがないのだ。この行為は、彼にすれば、あまり褒められたものではないが。

 

こういうのは個人でも色々研究されているようで、例えば本の付せんだけに着目しても、賛否や具体的方法など多様だ。結局は好みの問題なので好きにすればいいと思うが、案外にオリジナルな方法というのは先人に試されがちなので、そうした失敗がないか調べ、洗練された常道を使った方が無難だろうというのが、私の基本的なスタンスだ。

 

あとタイトルに読書感想文とつけた。これに関連して、こうした原稿はずっと400字詰め原稿用紙が常道だ。しかし筆者は書きやすさの観点から否定する。そもそもとして、全般的に文学からの流入が多すぎ、一般大衆向けでないものが多いと主張する。これはたしかに頷ける。同様に大学でしばしば使われるレポート用紙も否定する。基本的には自由に書ける白紙や、罫線の薄いものを筆者は重んじている。要は情報が書式に縛られてしまうわけだ。

そういえば、高専の低学年時に多く課された測量の手書きレポートは地獄だった。原本がちょうどあるので、今後スキャンして公開しようか。今となっては恥ずかしいものだらけだが、反面教師として、本書の議論とも絡めれば、情報や文献の整理に関して、さらなる新たな洞察も期待できるかもしれない。

こうしたレポートを否定する科学者であるがゆえに、講義の先生として憧れる。残念ながら高専低学年のときの担当教員らは、そうした観点が弱かったか保守的だったと言える。

 

彼が昨今の神エクセルや方眼紙を見たら、卒倒してしまうだろう。また先進的と見られている弊社でも、そのツールを十全に使いこなせているとはいえず、業務に無駄が多いから、そういう考え直すきっかけにもなったと思う。

Long Time No Seen TDS

5年ぶりくらいにディズニーに行った。

思い返せば学生時代は暇ながらも絶えない受験に研究で案外忙殺されタイミングを失っていた。

コロナもほどほどに落ち着いたようにも見え、新卒研修からの配属先も落ち着いてきた12月のクリスマス前のタイミングだった。

 

おじさんになり高額になったこともあり、遅めの入りのチケットで。

レストラン予約は事前、当日ともにいい感じにど忘れしてしまったが、結果オーライだった。

 

パークはタイトルからも分かる通りディズニーシー。

 

中学までは家族を始め、友人とも年1回以上は訪れるくらいにヘビーなディズニー家族だったが、思春期の気持ち的なところと埼玉から群馬への地理的なところで、距離が空いていた。

そのため王道アトラクションは経験済みだったが、しばらくの間にソアリンやニモなど変化も大きかったことには、再訪してから驚いた。

ソアリンはせっかくだったので気がかりだったこともあり、10時半の入場とともにアプリでパスを取得した。

 

そう、そういえば、このシステムもコロナ禍に合わせてだったが、急速にモダンなDXが進んでいて驚いた。

従来は開演直後に抑止がありつつもガンダしていて危なかったので、ここにも間接的にコロナの正の側面が出たところか。

 

とはいえ、負の側面は甚大で、チケットがそもそも取りにくいほか、高額になり、その割にはショーがしょぼかった。

前者については園内が比較的空いているという点で相殺できているし、社会人の立場からすれば、どちらかといえばありがたいが、庶民的感覚も抜けきらない人間的矛盾もある。

後者は結構残念だった。

幼い頃は絶叫系に代表されるアトラクションが大好きで、いわば脳死周回といった具合だった。

しかし、考え直せば、ここまでショーに凝った遊園地もないので、そちらに比重を置きたい心境の変化があった。

 

昼にクリスマスのサンタが出てくるものを見たが、船一隻に音楽が流れるだけで、かつての威光は失われていた。

これは費用圧縮のため仕方ない部分もあろうが。。

昔は水上バイクや水の噴出、船も複数隻、凧や上陸といった工夫もあった記憶で、それを期待していただけにギャップが大きかった。

この点はランドのエレクトリカルパレードの安定感がいいのかもしれない。

 

夜も花火が両パークの間に上がっているようで。。

 

しかし肝心のアトラクションはDXの甲斐あってか、待ち時間が大幅に改善され、全体的なQOLは上がった。

ソアリンもギリギリながら遅めの入場で確保できた。

総じて、悲しいかな大人と子供の頃を入れ替えたいところだった。

 

ソアリンはまさしくマイブームバズワードメタバースそのものではなかろうか。

世界旅行を視覚的に回遊飛行体験できた。

強いて言えば、匂いの工夫はいいものの、聴覚的な工夫はもっと凝らせられそうにも感じた。

 

また酒が緩和されたのもよかった。

とはいえ全般的にこれらの店は待ち行列が長く、実際上は呑兵衛になるのは難しい。

長い列を敬遠して結局外では酒を一杯しか飲まなかった。

味はともかく見た目的には悪くなく、インスタ映え的なところのマーケ対策はバッチリか。

 

酒に関しては、やはり腰を落ち着けてがいい。

予約は不戦敗だったが、結局当日にマゼランズに入れた。

メニューがコース固定だったものの、チーズ主体で味の濃い構成で、ワインセットの赤が特に合っていた。

個人的な印象としては、比較的大衆向けそうなところでありながら、渋みが強めに感じられて好みの味だった。

とはいえ、ワインは好きながら、あまり飲む機会がないので、まったくの的外れの感想かもしれないが。

 

とにかくコースでは前菜に出てきたチーズのセリーヌが逸品だった。

今月は世界の郷土料理的なものがテーマのようで、南欧方面のようなのでさらに気を引かれるが、鬼リピできるほど時間もない。。

南欧料理は都内のいい店を探して代えることとしよう。

もちろんメインの肉もジューシで、味変できるソース構成もよかった。

 

あとはアトラクションとして、ニモが初めてだった。

個人的にはストームライダーの方が好みだが、幅広い層を受け入れるためにも妥当な判断に思える。

 

それからゴンドラは小学生以来くらいだった。

特に中盤の開けたところは寒かった。

ジャングルクルーズのような小粋なトークを正直期待していたが、割と漕ぐのに忙しいようで定型文的なもの以上のものはない印象だったのが、やや残念だった。

そういえば、某インターンでこのアトラクションでバイトをしている人がいて、その人は割と普通に社交的だったが、その実バイトでの要素はどうだったのか気になる。

そもそもこういう割と属人的なものは、どの程度属人的で裁量が任されているのだろうか。

どうしてもビジネス的に理屈的に見てしまっていたが、これはこれで面白いし、子供の頃とは違った視点で見れている。

属人性を許せば全体的なパフォーマンス、満足度は上がりそうだが、バラツキも大きくなるし、船主の負担も地味に大きい。

コロナの閉塞的な空気の中で、喋りすぎることも敬遠気味な中で、どちらが最適解で良しとするかは答えがないのだろう。

 

長くなったが以下フォトギャリー。

 

f:id:pytho:20211219183627j:plain

f:id:pytho:20211219183635j:plain

f:id:pytho:20211219183642j:plain

f:id:pytho:20211219183650j:plain

f:id:pytho:20211219183715j:plain

f:id:pytho:20211219183722j:plain

f:id:pytho:20211219183730j:plain

f:id:pytho:20211219183738j:plain

f:id:pytho:20211219183750j:plain

f:id:pytho:20211219183758j:plain

 

Year End After Work Well Being

年が明けてしまっているけど

年末周辺は会社帰りに色々行っていたので、サクッとまとめの記録を残す。

 

蝶々夫人

この日はこれに尽きる。

有給をとっていた都合、日程を勘違いしており、出張の日にチケットをとってしまった。

結局ギリギリで都内に戻ってきて間に合ったものの、色々とハードな一日だった。

疲れて寝てしまう心配も少しあったが、生演奏の迫力もあってか最後まで目が話せなかった。

 

また言語が日本語でも英語でもないようで、字幕ベースでないと詳細な話の内容が分からなかったからというのもある。

もっともオペラの歌唱の日本語でも、字幕はあった方が話の分かりやすさとしては望ましそうだが。

 

この話は有名ながら初めて見た。

端的な感想としては現代にも問題提起を孕んでいそうだった。

登場人物のそれぞれ人間的な弱さは一朝一夕や技術による解決は図れず、文化的・社会的な発展を待つしかないためだ。

このあたりは有名で既知のレ・ミゼラブルなどにしてもそうか。

 

基本的に蝶々さんが可哀想なことは認めるものの、盲目な恋かもしれないとはいえ、ピンカートンに心酔しすぎで些か社会性を損ないすぎだ。

何事にもバランスが重要というありがちな教訓を含有するともとれるが。

 

あるいは現代のフェミニズム的な観点からも提起を生みそうだが、これは話が長くなりそうだし、どこかの誰かが既にやっていそうな話なので割愛する。

要は女性の権利問題的な。

 

第九

同じく初台のオペラシティで日を改めて、年末に様々な場所で行われている第九に行ってみた。

あまりこういうものに行く柄でもないが、特別協賛のため社内割引がされていたのがきっかけ。

弊社はこうした文化支援が弱いので、私のWell Beingの費用圧縮のためにも、文化保護のためにも、積極的に行ってほしい。

 

正直なところ、第九は有名なフレーズ部分しか知らなかったが、まあ楽しめた。

上記の蝶々夫人で声楽の強さを生に感じられたものの、本物の生の四部合唱と各パートの独唱もあって、声楽的な充足感が強かった。

 

また映画のなかった時代の映画に変わるような文化娯楽だったためか、思いの外の長丁場だった。

そのため途中少し眠くなる場面も正直あったが、神聖な歌声の中でうとうとする気分も、それはそれで悪くなかった。

 

そんな中で有名なフレーズが始まって目が覚めて、ちょうどいい構成にも思えた。

なんだかんだ長丁場であるほどに、最後の達成感のような感動も増幅させられたようにも思えた。

 

余談だが、帰りにはチョコミントの菓子も添えて貰えた。

 

ジャズ

上原ひろみさんはかねてよりファンだったが、確認を忘れていて、昨年のブルーノートは逃してしまった。

今回のピアノクインテットで久しぶりに生で聞いた。

 

やはりジャズでCDとは異なるかなりはっちゃけたパートがあるのが何より魅力だ。

 

ゲストはコンマス相当の実力者揃いで、彼らの普通の演奏はもちろん、ソロパートもピアノに負けず光っていた。

また特にアンコール後にあったエピソードのトークも意外と等身大で面白かった。

A consideration about the Waifu

うまい企画だと思った。オタクの一角として参加しやすい。

もっとも文才がないのだが。

 

特別お題「わたしの推し

【推しを語ろう】お題キャンペーン「わたしの推し」開催! あなたにとってのスターを熱く語りませんか? - 週刊はてなブログ

 

とはいえ、こういうのは言語化しにくい。

推しと好きは若干異なるが、好きの非言語的な部分に本質があるとの知見もある。

恥ずかしいとかそういうのとはまた違うのだが。

 

hama1046.hatenablog.com

 

もっとアカデミックな情報を見かけたような気もするのだが。。

欲しいものが見つけられなかったが、そこでは確か感情的な好きは論理化しつつ言語化しにくい一方、論理的に批判を挙げることが脳科学的に?得意だとかいう話だった記憶。

ただ趣味の範囲だからと盲目的にあるのも危ないかと身の振り方には注意しつつ。

 

 

御託はここらで。

ジャンルとしてはやはりVtuber

最後に暗めな話も絡むが裁判沙汰とかもありつつ、その記事にしろ様々なシンデレラストーリー的なものがあるのも面白い。

 

premium.kai-you.net

 

 

もうここまででかなり脱線してしまったが、現在まで2年くらい推しが一貫している。

 

pytho.hatenablog.com

 

pytho.hatenablog.com

 

上述のように言語化は難しいので、当人のチャンネルを雑に布教するのが簡単だ。

あるいは以下のチャンネルの短い切り抜きに非常に魅力が詰まっているとも思う。

 

www.youtube.com

 

ただ強いて言語化しつつ、直近の配信内容や環境を語ると、

第一に頻度が比較的少なめだからこそ社畜になっても追いやすい、

第二に一年前の各種ライブと比較して特にダンスの完成度が向上、

第三に事務所やユニット含む楽曲に代表されるリソースが整っている、

以上が挙げられるか。

 

youtu.be

 

あるいは事務所の箱も大きくなり、全体はどうしても追いきれないが、各メンバーの個性的なところも補足的に追っている。

ホロライブ2期生の自由な雰囲気が好きなほか、最近デビューした同6期生の子も似た天然系可愛さを秘めている感がある。

 

youtu.be

 

最後に白状すれば、この年末年始に溜まってしまった本やゲームを消化しようと思っていたものの、ほとんどがYouTubeに溶けてしまった。

もちろん後で見るリストは消化したが。。

News of Interest Dec 2021

ここ最近、仕事が忙しく、ここでの記録が疎かになっていた。

実のところ、日々日々の仕事での日報により、アウトプット欲が満たされて気味だったところもある。

とはいえ、その情報も社内ネットワークに留めるだけにしてしまうのは、我ながら惜しく思うところもあるので、今後は私の私用のメールにBCCするのも面白いかなと思ったり。

 

かなり時間が開いてしまったので、積もる話も多いのだが、今回はニュース系を自分用のメモも兼ねてまとめる。

とはいえ、最近はレコンメンドAIが優秀すぎて、概ねそこからピックアップしたにすぎず、その好みは自分の色がついているとはいえ、これが「私のもの」と言い切れるのは悲しいかな怪しいところもある。

 

一貫して興味があったのは先日も軽くまとめたがメタバースだ。

 

仮想空間メタバースの衝撃 テレビ・ネット超えの予感: 日本経済新聞

ナイキのNFT参入、仮想スニーカーで稼げるか - WSJ

MIT、ハーバード大学などがEduDAOを設立、Web 3.0技術の研究を推進 | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

 

NFTはメタバースと直接関連するところではないが、関連性は高いと考えて並列させた。

ここで面白いのは、既存のブランド企業が参入したことだ。

 

個人的にはメタバースにより完全に世界が新設されると思いこんでいたが、実際のところはリアルの資本関係もあってかやはり影響をかなり受けるのだろう。

現在は人形のアバターが主流だが、Vtuberやアニメキャラの一部にもいるように、非現実は既存の人形という枠組みに留まる必要性もない。

そうした市場がどの程度盛り上がるのか、そこで誰がオーナーシップをとっていくかは興味深い。

 

ひょっとしたらNIKEが同様にチーター型アバター向けの靴のNFTのデザインを作って売るかもしれない。

そんなものはニッチで現代の同人作家に近いアーティストの小銭稼ぎかもしれない。

 

 

Webの今後の構成も目が話せない。

これもメタバースを関連させられる。

私自身メタバース初心者ではあるが、仮想空間でも空間である以上、番地がある。

現在のインターネットにおける番地といえば、IPアドレスかURLが挙げられる。

 

特にURLの概念は、仮想空間上の番地に類似するところがあるように感じる。

今はウェブサイトごとに非連続なページ空間となっているが、遠い将来では仮想空間が非連続的に繋がり、別形態の”ネットサーフィン”としての仮想空間散歩もできるかもしれない。

考え直すとこれはストリートビューの焼き回しにすぎないので、もっと革新的なものを期待したいところでもあるが。

 

 

一方で前途洋々とも言えない暗めな話題もある。

以下はもう少しビジネスに比重がある。

これは以前から感じていたことで、どこかの本の流用だが、現代はインターネットプラットフォーマー独禁法の戦いの時代だ。

データが新たな石油と言われる時代だ。

そこで巨大企業のこれ以上の発展は、極めて難しい局面に移りつつあると言えるだろう。

 

英競争当局、旧Facebookに売却命令 画像共有Giphy: 日本経済新聞

MaaS提唱者「夢が信頼を築く、コントロールしようとするな」 | 日経クロステック(xTECH)

サンポさんが言った通り、全てをコントロールしようとする企業はその意識から変えることが非常に重要だと思います。企業単体の利益ではなく、より広い視点とオープンマインドでオープンイノベーションを起こすことがこれからは求められるでしょう。日本の大企業は市場のあらゆるエコシステムを支配しようとしがちですが、それではユーザーからのフィードバックを適切に受け取ることができなくなってしまいます。

 

ECにしてもD2Cが台頭している。

開発が簡単になりつつあるGitやQiitaでのノウハウ共有の環境の影響も大きいだろう。

私自身も都度の個人情報入力を煩雑に感じつつ、推しのグッズ販売やPCガジェット類をD2C経由で購入した。

社内のWebアプリの研修でも、その開発の平易さを実感した。

実際には金銭の授受は、より慎重さによる難易度があるだろうが。

 

 

ビジネスにおいては、先日のトヨタのEVのラインナップには驚いた。

なによりあの量と密度の情報でありながら、一切の流出がなかった点はもやは怖いくらいだ。

そこで併せて豊通の電池材料の確保も周到で舌を巻いた。

商社は化石燃料がオワコン化して厳しいかとも思ったが、会社によるものの思いの外時代に適応できている。

豊通、米ロス港設備の水素化で実証 地産地消で脱炭素へ: 日本経済新聞

 

 

新卒・中途、いずれにしてもキャリア関連もやはり興味がある。

どのみち今の会社に長くいるとも思えないし、継続的に情報収集は続けている。

今どき東大生が憧れる就職先は「MBB」 官僚は人気薄|NIKKEI STYLE