AOKI's copy&paste archive

高専から駅弁大学から東工大を経て大企業へ 浅く広い趣味とかキャリアの日記を

programing summary

昨今はプログラミングブームが来ていると確実に言える.

どこの企業もAIの活用を中長期的成長目標などと絡めて提示している.

その内容は如何として..

 

そんなこんなでプログラミング関連をまとめておく.

 

小学校などでも義務教育課程としてはじまったほか,児童から大人まで様々な人がプログラミングスクールに通い,新聞や動画でもそうした広告を非常に多く見るようになった.これらに対する個人的違和感は後述する.

 

弊社にも内製できるようにプログラム部隊がいるし,これは他者でもDXを始めとした大きなムーブメントだ.

保守的で伝統的な企業には,そうした部分のレガシーの課題感が大きいのも事実なのだろう.

 

 

note.com

 

ただ最近,情報商材屋などの言葉に代表されるように,バズの潮流として詐欺まがいの温床になっていることに注意が必要だろう.

彼らはプログラマーの華々しさを語るが,レッドオーシャンになりつつもある今,この先もそのスキルで安泰とはいかない.

そこの学びに投資をしたからといって,今後勝てる保障はない.

こういう話は長くなるので,機会があれば別のトピックの記事を作ってもいいだろう.

 

前置きが長くなったが,こうしたプログラミングブームがある中,どのような教材を用いるべきかなどについて個人的にまとめておこうと思った.

とはいえ,こうしたトピックも既に多くある焼きまわしと同様なのだが.

上記は顧客を鴨葱にしか見ていないが,本来的なプログラミングの勉強に金銭はそもそもとして必要ない.

強いて挙げれば,実行用のそれなりの性能のPCとネット環境くらいだ.

 

Free Materials

で,再三述べる通り以下の教材は腐るほど紹介されているが,それだけ有用だ.

最近はフリーミアムをはじめとして,YouTubeなど無料の優れたものに溢れている.

 

Introductory Programming Courses | MIT OpenCourseWare | Free Online Course Materials

Pythonプログラミング入門 — Pythonプログラミング入門 documentation

Kyoto University Research Information Repository: プログラミング演習 Python 2019

 

ここには無難に有名大学のものを示したが,自社の研修コンテンツを公開している企業も増えてきている.

やはりPDFなどが教科書らしく思えるが,動画で再生リストで累計数十時間というコンテンツのものもあり,ボリュームは十分だ.

よく分からないカブレSIerのサロンや本に払うのもバカらしい.

Top 10 YouTube Channels to Learn Programming | Ayoka Systems USA

 

プログラミングの本質:デバック

やや専門的な話になるが,そもそもプログラミングの本質はデバックであり,これはネット検索との格闘であるので,こうした流れは自然に思える.

タダより高いものはないと身構える人もいるだろうが,まずは知らない人に金を払うより,無料の資料を見比べておくべきだろう.

あるいはプログラミングに無双的な夢想を持っている人は,短い動画なので以下のような現実も把握しておくべきだろう.

 

youtu.be

 

youtu.be

www.youtube.com

 

そういえば海外のYouTubeを見ているとしばしば表れるのだが,以下のようなEラーニングコースはプログラミングを始め,他のリカレント教育でも非常に強力なツールだ.

 

www.skillshare.com

 

言語選択

これも散々ほかで言われていそうで改めて書くのも正直憚れるが.

案外,社内の同期やら知人のニーズが高い気がするので付記しておく.

まず前提として箇条書きされたものが具体的な言語で,それを操作するものが言語ごとにまた選べる.

Python

現在最も流行っている.そのため情報も豊富で,組み込み関数的な他者が大枠を作ってくれたモジュールも豊富.特に流行りのAI系が盛んな印象.

さらに文法が比較的緩やかで自然言語に近い印象で,読みやすく書きやすい.

汎用性はピカイチだが,計算速度を要する場面やWeb系にはあまり強くない.

操作にはAnaconda系が個人的にお勧め.

Anaconda | The World's Most Popular Data Science Platform

 

R

やや地味な印象だが手堅い印象.

高専の卒業研究で使ったきりなので,あまり詳しくはないが,Pythonよりも機械語の色が強めな印象.

というのも計算速度などは優位に見える.

操作はRstudioが有名か.

 

Java

古くからあって,かつての時代のクセの強さが残っている感はある.

Pythonよりもとっつきにくいかもだが,同等の汎用性を有し,外部のクラスも充実している.

何より多くのサイトがこれで作られている.最近は他の言語も台頭してきているので,世代交代が起こると賭けるなら,強みは微妙になるが.

そういう方面なら,最後にあるようなMVCに関連させて,HTMLやCSSも要勉強か.

これは計算ツールではなく,お化粧ソフトなので,ジャンルが別物なのだが.

これといった操作用ソフトは知らないが,どの言語でも使えるAtomIntellijあたりか.

 

C

よく見る.けどよく知らない.

+と#もあって違うらしい.

 

MATLAB

計算量が多いならこれ一択な印象.

行列系の計算に圧倒的強み.

ライセンスが必要なのがネック.

複雑なシミュレーションとかしたい人向け.

特化的で汎用性は低めか.

 

Excel

なんだかんだ現代ビジネスを支配している.

お馴染みのifやsumのほか,vlookupやピボットテーブルなどもあり,バカにできない.

簡単めな分析なら,そのまま操作した方が早くて便利ということもままある.

さらにマクロによる自動化でプログラミングと似たこともできる.

下手にプログラミングに挑戦する以前に,最低限のExcel能力をつけておくことは重要.

Excelでデータベースを雑に簡単に形を整えて,別言語で解析するハイブリット運用もしばしば行う.

ただデータサイズに限界があるのが,なによりもの欠点か.

 

 

社内勉強会Tips

余談だが,このような話は以下の時にもしたりした.

 

pytho.hatenablog.com

 

ちなみにそこでは以下のようなサイトを参考にしたことを共有するなどした.

CS50 for Japanese: コンピュータサイエンスの入門 – 当ウェブサイトは、Creative Commons ライセンスに基づいて管理されています。

サンプル - Bootstrap 4.3 - 日本語リファレンス 

Spring Boot で Thymeleaf 使い方メモ - Qiita

 

あるいはエラーコードごとの対応方針とか.

 

Vaccine Reflection

トピックとして流行っている印象もあるので,便乗も兼ねて私自身の経験を残しておく.

タイトルにも書いた通り,新型コロナウイルスワクチン接種について.

ただ流行りすぎているあまり特にSNS上に書くのも憚れるしダサさもあったので,英語にしてひっそりめにしておく.

 

私は会社の都合で早めに受けられた.

一般に同年代はぼちぼち接種券が届いても,自治体の受付会場の在庫不足や予約システム不備により右往左往させられている印象だ.

その点で会社への恩は大きい.

 

ワクチンの詳細を念の為記すと,職域接種で受けたのでモデルナ製.

間隔は目安通りほぼ1ヶ月だった.

 

副反応はいずれも翌日がそれなりに重かった.

そして例に漏れず,2回目の方が深刻だった.

 

1回目は漠然としたダルさで検温するほどでもなくNODATA.

2回目は明確にダルく,全身も痛み,ピーク時には39℃を超えていた.

2回目は接種当日の夕方から徐々に熱が上がっていた.(37.3℃)

なお2回目の翌朝が38.3℃,その夕方が38.8℃だった.頭が痛くて具体的な時間は忘れてしまった.

 

同期やSNS上でも2回目の副反応が重いことが指摘され,1回目でも他に比べ個人差として重めだったので,これには用意周到に臨んだ.

用意した中でも個人的に世話になったのは水分:スポーツドリンクと頭痛薬.

個人的には食欲はそれほど問題なかった.

 

それよりも寝ているのが暇で,とはいえ頭も痛く読書はおろか,動画も見る気になれなかった.

そのため頭痛薬を飲んで寝ていたのだが,副反応の副反応として翌日の睡眠バランスが崩壊してしまった.

2回目接種翌日の昼に寝ていたため,翌々日は早起きしてしまい,そのツケがその夕方に回ってきて非常に眠かった.

 

なお翌々日には熱もほぼ戻り,健康上や仕事への支障はほぼなかった.

ただ熱は早めに引いてくれるが,腕の痛みがやや厄介である.

筋注のためか接種から3日程度は,その腕が痛く肩に力学的負担をかけられない.

そのため回復体位も取りにくい,寝転がりたいのに寝返り姿勢が制限されるのがやや苦しい.

高めの枕があると力が分散されるので,検討の余地はあると思う.

 

またスポーツドリンクが重要になるのに対応するように,鶏と卵が逆な気もするが,体内の代謝が活発になる印象もある.

 

ピークのしんどさは結構なもので,これは事実だ.

ただ入院や中等症を経験するのに比べれば,遥かにマシだろうと冷静に分析できる.

特に予定が立って濃厚接触のような周囲に迷惑をかけるわけでもないので.

ただ当社は制度が設けられつつも,その運用が,うちの部署だけか,下手くそな印象もあった.新卒の下っ端の分際でうるさいのだが.

 

個人的にSNS上はどうしても派手なことが拡散されやすい印象だが,身の丈なこうした発信も同様の重みで届くことを祈る.

そもそもこんな主観的なものが蔓延ることが望ましくないと言えばその限りだが.

こういうのは信用できないという声もあるだろうが,製造元や政府資料を辿るのが王道なので.

とはいえ,備えあれば憂いなしとも言うので,心配であればバズツイートを参考にしてもいいだろう.

サフィール踊り子乗車記

表記の通り伊豆は河津に旅行した.

 

pytho.hatenablog.com

 

これを考えていたが,当該列車が満席な上,泊まりたいホテルが1人NGくさく,感染状況的にも遠出は芳しくなさそうだった.

そのため近めでずっと行きたかった伊豆に行き先変更して旅行してきた.

結果的にゲリラ的な日程になってしまいめぐる内容は例によって洗練されていないが,それこそが醍醐味と自分自身で納得している.

 

先週に行ったのでもう少し早めにまとめてもよかったし,期間も空き気味でそうすべきのようにも感じたが,忙しさやらで後回しに.

 

 

 

なぜ伊豆かというと,上述のように地理的に近いのに加え,気分的に夏は海に行きたいというのもある.別段海水浴をするわけではないのだが,暑さとのコントラストの雅さみたいなものがたまらなく好きなのだ.

 

さらに最近登場したサフィール踊り子に乗ってみたいというのもあった.

f:id:pytho:20210730204134j:plain

これもほぼ満席で席的にはやや外れだったが,最大限楽しめた.

なお値段は社会人になったこともあり,タカが外れ始めている.

そのうちビジネスクラスにも手を出すだろう.国内ならファーストクラスも近いうち乗る.

 

踊り子といえば最近乗り継ぎ割引の対象外になったりして限界鉄道旅行オタク的には美味しくないかもだが,それでも一般にも根強い人気の路線である証左だろう.

とはいえ普通の踊り子には乗車券の割引もあるようなのだが,サフィールは富裕層向けチックな「特別」急行なためか,そうしたものは対象外だとか.

社会人になった今となっては何も関係ないが.

 

お先にトクだね対象外

https://camel3.com/cms/files/izukyu/MASTER/0100/wBct64qJ.pdf

 

 せっかくなので食堂車も楽しみたくて予約してみた.

これは予約してから後悔したが,一人旅だし窓側席も取れなかったので,むしろ景色のいい後半の伊東線などで食事をすべきだった.

京急が写っているように乗車早々の食事だった.

f:id:pytho:20210730204230j:plain

車内食事の経験としては楽しかった.

しかし本線の東海道線でも結構揺れるので,わざわざという感じもしてしまったのが正直なところでもある.

これは以前城端線磐越西線でも学んだのだが,意外とヤミツキになっているのかもしれない.

この話もまとめておきたい.

また味もよかったが,量は抑えめな印象だった.

 

席はグリーンが標準なので,座り心地などは申し分ない.

ただ小田原あたりまでは微妙なので読書するなどした.

電車なのに天窓があるのは開放感があっていい.

新車の強みか.

さすがにパンタの都合,真上につくことはないだろうけど.

 

f:id:pytho:20210730204252j:plain

伊東線伊豆急行線はトンネルも多いがいい景色.

海と山の交差が後の地理的面白さを予感させる伏線なのもまた旅情.

 

かれこれ終点は伊豆急下田の1つ手前の河津で下車.

付近を散策しつつ,北上する.

誰かとは逆に...

(続く)

 

現代文学やわめ

大学は卒業と相成ったので,これからは市の図書館にお世話になる.

 

ひとまず当初の狙い通り,普遍的にあるであろう世界文学や現代国内文学や各出版社の新書を漁りつつ,ないものは都度ECで買おうと思う.

 

とはいえ,世界文学はカロリー高めで,読みたいものの多くが貸出中だったこともあり,最近の国内文学,芥川賞本屋大賞関連を読んでみた.

 

概しての感想としては,読みやすくはあるが,やや浅く陳腐な印象を抱いてしまった.

具体的には村田沙耶香の「丸の内ミラクリーナ」と伊与原新の「8月の銀の雪」を直近で読んだ.当ジャンルは1年くらい前の「蜜蜂と遠雷」以来か.

 

pytho.hatenablog.com

 

おそらく上記の感想を抱いてしまったのは,短編集を選んでしまったことにある.話が短いと,それだけその世界観に入り込むのも,あるいは作者が入り込ませるのも難しいと考えられるからだ.

個人的な感情整理の作用は期待以下になってしまったが,1つの娯楽としては十分に面白かった.特にやはりというべきか,書名にもなっている編は完成度が高い印象だ.

 

「丸の内ミラクリーナ」は,弊社は丸の内から物理的に縁遠いものの,女性のいる職場としては概念的に近く,実際に研修のメンターもミラクリーナに近い.若干,パーソナルでプライバシー度の高い話にはなるが,彼女も年代がアラサーに近く,某キャラクターを愛するところも近い.そういう意味で,職場の先輩を当てはめてみることで,面白さが倍増した.

またこれは著者の特徴かもしれないが,端切れのいい勧善懲悪なストーリーでありながら,比較的ディープな人間的欲求の描写のバランスが面白い.ただここはかなり好みが分かれそうなところで,個人的にあまり周囲に勧めにくいようにも感じた.

 

後者「8月の銀の雪」は理系就活生の話とのことで,ちょうど1年余前の自分の姿と重なりそうで非常に興味があった.

全体を通して自然科学に精通したテーマや描写なのは面白い.そのため文系の読書家には知識のいい契機になりそうだ.生物学的テーマが多く,工学系の畑にいた私としても,その自然科学的な内容そのものへの知的好奇心の充足感があった.しかし,そうでありながら,話は案外人情深く,人間臭いのが面白いところだ.そしてその中で社会的課題への問いかけも遠回しにさせられているように感じられるのが,著者の描写の妙技か.より具体的に言うならば,社会的弱者に焦点が当てられている.そういう人たちが,生物や科学に共感しようとするのも心理的に興味深い描写に思える.もっともそれを国語の問題文に出されると困ってしまうが.個人的には題の「8月の銀の雪」のほか,上野の話も好きだった.マイブームだからだ.

 

 

思い返せば白夜行こそ長編で難しく深いように感じたが,中学生によく読んでいた東野圭吾も存外シンプルだったように思う.考えさせられる現代国内文学緩募.というのも海外有名や近代文学は比較的難解なのが分かりきっているので...

娯楽が猛烈に消費される時代変化に合わせて,明快さや一般性が台頭しているとすれば,それは文化的危機にも思われる.

とはいえ,マチネの終わりには気になっていたので,これから読む所存.

それからカズオ・イシグロ

追って書評したい.

 

直近美術館雑まとめ

最近Museum巡りがプチマイブームになっている.

そこで最近訪れたところを簡単にまとめる.

とはいえ2つだが.

 

一つ目は先日の隈研吾展で訪れた東京国立近代美術館の常設展.

企画展のチケットで巡れたのでついでに行った.

 

有名で名前を聞いたことがある大観の生々流転も,一部しか見えなくなってしまっていたものの見ることができた.

 

f:id:pytho:20210718202442j:plain

 

今までであればこうした解説は読み流していただろうが,先日学芸員の動画を見たこともあってか,その記述の工夫を汲み取るよう注意した.

これで美術館の面白さのベクトルの次元を増やせた印象がある.

 

pytho.hatenablog.com

 

f:id:pytho:20210718202454j:plain

 

個人的に以下の展示は常設展でも最も好きだったかもしれない.

版画でありながら色彩のグラデーションの表現が非常に豊かだ.

また彼の得意とする花鳥画というテーマが,陳腐だが普遍的に美しいもので好きだ.

 

pytho.hatenablog.com

 

 

f:id:pytho:20210718202505j:plain

f:id:pytho:20210718202517j:plain

 

あるいは先の学芸員の話にも出てくる話だが,額縁を比較するだけでも面白い.

その絵のテーマを勘案しバランスを取りながら,質素だったり派手だったり様々なものが使い分けられ,そこにも工夫が見られる.

 

f:id:pytho:20210718202526j:plain

 

北京もかつては街と特に空がこんなにもキレイだったのだとか.

 

f:id:pytho:20210718202538j:plain

 

あるいは戦争画というのも近代ならではだ.

この時期はプロパガンダも含まれるので,文化的価値判断は難しいものの興味深い.

他にも広島の原爆被災地を模して社会に啓蒙するかのような作品もあった.

アイアンドームもかっこよく芸術的な迎撃をするが,いずれ皮肉にした作品へと昇華されるかもしれない.

 

f:id:pytho:20210718202550j:plain

 

大観は重視されているようで,さらに栖鳳とも比較されていた.

大観は夕顔という作品が非常に好きだったのだが,撮影禁止だった.

 

f:id:pytho:20210718202619j:plain

 

以下は栖鳳の作品になるが,怠惰なうさぎと不満な猿の対比が面白い.

ここで思い出されるのはやはり

満足した豚よりも満足しない人間であるほうがよい

ソクラテス

 

f:id:pytho:20210718202630j:plain

 

あるいはさらに時代の進んだ現代の表現も面白い.

図工にはこうした鑑賞の要素がなかったのが惜しいように思い出される.

また鉄五郎の作品もあり,解説を見るに現代へのアンチテーゼとしての表現のようだ.

欧州で印象派がうまれたように古典の保守的,写実主義と比べてみれば,ただの粗雑さとは異なる印象が抱ける.

 

www.youtube.com

 

f:id:pytho:20210718202642j:plain

 

絵画に比べればやや少ないものの,立体の芸術作品もあった.

ただこちらはより評価というか分析が難しい.

体系的な知識が未学習というのも大きいか.

 

f:id:pytho:20210718202654j:plain

f:id:pytho:20210718202705j:plain

 

国立近現代建築資料館も月末から安藤忠雄がトピックとなるべく足を止められない.

また最近知ったがぐるっとパスというのがあるらしい.

 

www.rekibun.or.jp

 

 

 

お次は目黒区美術館

区民や勤務者なら割引が受けられるとこのこと.

東京に住むなら高いことは承知だが,目黒か文京が個人的にアツい.

住みやすそうで災害リスクも比較的低い印象だからだ.

東工大の学生時代なら,区内の学生として大きな割引が受けられただけにややタイミングが悪く惜しいが.

 

ここではかつて80年代にNYなど世界で展示された日本のかつての包装の企画展を保存し,定期的にリバイバル開催しているようだ.

逆輸入といった感じか.

日本の伝統的包装は上記の企画展でも好評だったようなので,それを現代のビジネスに蘇らせるのも面白いかもしれない.

もっともかつての包装技術を持った職人は絶滅してしまっただろうが.

以下がニアリーイコールなビジネスの成功事例.

NewsPicksにも取り上げられたのだとか.

 

mikissh.com

 

来月にはセミナーもあるらしいので,せっかくなので遠隔参加する予定だ.

 

展示は材質を中心に分けられる.

 

現代の包装は無秩序とも言える段ボールとプラスチックの浪費だ.

ECはそれを小口輸送により助長してしまっている側面もある印象だ.

大量廃棄はSDGsの12条照らせば望ましくない.

であれば,過去に学んで自然材料を再び利用するのもいいかもしれない.

ただポリ袋を有料化するだけでなく,代替材料を探すアプローチとして.

どうしても価格競争力や耐久性が課題そうだが.

 

とはいえ現代にも生きる包装もあった.

薬味入れやポチ袋,ご祝儀袋などだ.

後者は伝統文化によってなんとか生きながらえている.

特にポチ袋はキャッシュレスにより徐々に押されていくか.

 

他の死んでしまった包装としては,食品,菓子が多かった.

ちなみに以下は類似すると思ったもので,ロンドン留学の際に友人が休日に訪れていた.

 

museumofbrands.com

 

www.youtube.com

 

 

pytho.hatenablog.com

 

さらに関連するところとしては,現在使っているエスケープキーボードのPOM JELLYのキーキャップのパッケージングもよかった.

https://www.fumo-shop.com/escapekeyboard-pom-jelly-keycaps-rainbow-full.html

 

脱線したが写真が以下.

撮影は一部の領域のみ許可されていた.

 

f:id:pytho:20210718202824j:plain

f:id:pytho:20210718202836j:plain

f:id:pytho:20210718202849j:plain

 

古い30分ほどの動画もあった.

 

f:id:pytho:20210718202859j:plain

 

最後はお捻りのかつての包装.

言われてみれば日本のかつての芸能界にもチップ文化はあったわけだ.

しかしいつの間にかなくなってしまった.

リアルの世界で見ることはなくなってしまったが,現代にSC(SuperChat)やFANBOXなどとして復活を果たした.

ただかつての日本人の奥ゆかしさを感じるこの展示に感動した.

というのも結局は金を投げていることは,現在や海外と変わらないものの,紙に包むことでその行為をオブラートに”包み”隠し,お金のやや汚い印象が緩和されている.

これは受け手の気持ちを考えた包装だと,個人的には考察する.

昨今の投げ銭は赤スパに代表される金額至上主義にどうしてもなってしまっているが,あえてそこを隠した日本文化の復活の再輸入を考え直してもいいように思ったりした.

実際にスパチャはクリエイターの創作活動の大きな支えになりながらも,その直接的すぎる支援にタジタジになっている人も多く見受けられ,せっかくの経済活動にも心理的ロスが生じてしまっているようにも見えるからだ.